SQLServer+probespawner+Elasticsearch+kibana

kibanaインストール

 

  • 1.JAVAのインストール

 

インストールファイルをダウンロードして、インストールします。
https://java.com/ja/download/
http://javadl.sun.com/webapps/download/AutoDL?BundleId=113219

64bit版
Version 8 Update 66
jre-8u66-windows-x64.exe

インストール後、PATHを設定します。
JAVA_HOME
C:\Program Files\Java\jre1.8.0_66

java_home


 

  • 2.Jythonのインストール

 

インストールファイルをダウンロードして、インストールします。

http://www.jython.org/downloads.html
jython-installer-2.7.0.jar

インストール先

C:\jython2.7.0

 

PATHに追加
C:\jython2.7.0\bin

path_jython

 


 

  • 3.JDBCドライバのインストール

 

ファイルをダウンロードして、解凍します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=11774

sqljdbc_4.2.6420.100_jpn.exe

 

解凍後、~\Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server\sqljdbc_4.2\jpn\auth\x64配下にある、「sqljdbc_auth.dll」を
1でインストールしたJavaフォルダの配下にコピーします。
C:\Program Files\Java\jre1.8.0_66\bin

 

この後インストールするprobespawnerで、DBに接続時にWindows認証をする場合に必要です。

 


 

  • 4.Elasticsearchのインストール

 

ファイルをダウンロードします。
https://www.elastic.co/downloads/elasticsearch
https://download.elasticsearch.org/elasticsearch/release/org/elasticsearch/distribution/zip/elasticsearch/2.2.0/elasticsearch-2.2.0.zip
elasticsearch-2.2.0.zip

ダウンロード後、適当なフォルダに解凍します。(例では、G:\APPに解凍しました)

解凍後、ymlファイルを変更します。
G:\APP\elasticsearch-2.2.0\config\elasticsearch.yml

cluster.name: [クラスタ名 適当な名前]
network.host: [ElasticsearchのIPアドレス]
http.port: 9200

 

サービス登録します。
G:\work>G:\APP\elasticsearch-2.0.0\bin\service.bat install

elasticsearch_service_2.2.0

インストール後は、サービスを開始します。

また、必要に応じてスタートアップの種類を「自動」に変更します。

 


 

  • 5.probespawnerのインストール

 

ファイルをダウンロードします。
https://github.com/filipealmeida/probespawner
probespawner-master.zip
2016/03/16 ダウンロード
ダウンロード後、適当なフォルダに解凍します。(例では、G:\APPに解凍しました)

G:\App\probespawner-master\jars 配下から
elasticsearch-2.0.0.jar 未満のバージョンのjarを削除
lucene-core-5.2.1.jar  未満のバージョンのjarを削除

各ファイルの修正

cooldbprobe.py
23行目
from jelh import Elasticsearch

from jelh2 import Elasticsearch

 

jelh2.py
33行目
clusterName = “4.で設定したクラスタ名”
34行目
host = “4.で設定したElasticsearchのIPアドレス]”

178,179行目

#                    dateobj = datetime.datetime.strptime(data[indexSuffix], “%Y-%m-%d”)
#                    indexSuffixStr = dateobj.strftime(“%Y.%m.%d”)
dateobj = datetime.datetime.strptime(data[indexSuffix][:19], “%Y-%m-%dT%H:%M:%S”) + datetime.timedelta(hours=9)
indexSuffixStr = dateobj.strftime(“%Y-%m-%d”)

179 181行目
indexSuffixStr = data[indexSuffix].lower()

indexSuffixStr = data[indexSuffix][:10].lower()

 

probespawner.bat

9行目と10行目の間に

set CLASSPATH=!CLASSPATH!”;G:\App\elasticsearch-2.2.0\lib\elasticsearch-2.2.0.jar;G:\App\elasticsearch-2.2.0\lib\lucene-core-5.4.1.jar;G:\App\elasticsearch-2.2.0\lib\guava-18.0.jar;G:\App\elasticsearch-2.2.0\lib\jsr166e-1.1.0.jar;G:\App\elasticsearch-2.2.0\lib\hppc-0.7.1.jar;G:\App\elasticsearch-2.2.0\lib\jackson-core-2.6.2.jar;G:\App\elasticsearch-2.2.0\lib\compress-lzf-1.0.2.jar;G:\App\elasticsearch-2.2.0\lib\t-digest-3.0.jar;G:\App\elasticsearch-2.2.0\lib\netty-3.10.5.Final.jar;”

を追加(ファイル名はelasticsearchのフォルダ内の名前と合わせてください)
12行目
jython.bat probespawner.py –configuration=%1

jython.exe probespawner.py –configuration=%1
にそれぞれ変更します。

 

実行時のjsonファイル

microsoftsqlserver.mssql.performance.to.elasticsearch.json

“outputmodule”: { “module”: “jelh2“, “name” : “Elasticsearch” },
“cluster” : “4.で設定したクラスタ名”,
“host” : “[ElasticsearchのIPアドレス]”,

 


 

  • 6.kibanaのインストール

 

ファイルをダウンロードします。
https://www.elastic.co/downloads/kibana
https://download.elastic.co/kibana/kibana/kibana-4.4.2-windows.zip
kibana-4.4.2-windows.zip

ダウンロード時は、バージョン4.4.2
ダウンロード後、適当なフォルダに解凍します。(例では、G:\APPに解凍しました)

各ファイルの修正

G:\APP\kibana-4.4.2-windows\config\kibana.yml

server.port: 5601

server.host: “127.0.0.1”  (or ローカルのIPアドレス)

elasticsearch.url: “http://[ElasticsearchのIPアドレス]:9200”

elasticsearch.preserveHost: true

kibana.index: “.kibana”

kibana.defaultAppId: “discover”

 

2016/03/16 更新

2016/06/13 更新


管理人 has written 31 articles