SQLServerインストール(MSSQL 2012)

  • スリップストリームインストール

SQL Server 2012 では、UpdateSource オプションを使用することでスリップストリームインストールができます。

Service Pack (SP)、Cumulative Update (CU)パッケージを適当なフォルダに格納します。

C:\WORK\update

・SQLServer2012-KB3082561-x64.exe

 

格納フォルダを/UpdateSourceに指定し、Setup.exeを実行します。

C:\Windows\System32>D:\setup.exe /ACTION=INSTALL /UpdateSource=C:\WORK\update

inst1

 

正しく読み込めている場合は、製品の更新プログラム画面に適用できる更新プログラムとして表示されます。

表示されない場合は、UpdateSourceのフォルダにSP、CU以外のファイルが格納されていないか確認してください。

inst3

 

SQLServerの最新モジュール情報はこちらのサイトが参考になります。

http://blogs.msdn.com/b/jpsql/

 

  • クラスターのインストール

ACTIONオプションを下記のように指定します。

/ACTION=installfailovercluster

 

クラスタのノードを追加する場合はこちらです。
/ACTION=addnode


管理人 has written 31 articles